Appelez-moi Namiko! aubaden.exblog.jp

橋田波子のブログへようこそ!!


by aubaden
プロフィールを見る
画像一覧

大阪国際室内楽コンクール&フェスタ

昨日は、指導させて頂いている教室で大人の発表会がありまして、運営や打ち上げに奔走していたのですが、帰宅後の疲れから、ボォ〜っとニュースを聞いていたら、大阪国際室内楽コンクールの本選が終わって、月曜日(つまり本日)披露演奏会がある事を知りました(*^▽^*)

ちょうど行きたいと思っていたので、当日券を買っていずみホールに行って来ました!
今日はオフにしていたので、午後からお出かけです♪

14:00からマチネ、19時からソワレがあるので、両方とも行って来ました〜〜(*^▽^*)

f0064017_22453383.jpg

f0064017_22454828.jpg


マチネでは2位と3位の入賞者の組の2次予選の曲の演奏を、ソワレでは1位に輝いた組のファイナルでの演奏を聴く事が出来ました。
第1部門(弦楽四重奏)、第2部門(管楽器アンサンブル)、フェスタ部門(自由な編成によるアンサンブル)の合計3部門があります。

一言で表すならば・・・

とてつもなくハイレベルな演奏だった‼️

という事です、いや、これでも足りないくらいです。。
その集中力と精神性、緊張感、開放感、全てが一流のプロの領域です。
管楽器のフレーズはしばしば台詞のように聴こえますし、弦楽四重奏はオーケストラを聴いているかと思うほど音色も多種多様でスケール感も素晴らしかったです。

フェスタ部門の演奏も衝撃で、2位のマリンバ&ピアノの二人は楽しすぎて舞台上で笑ってはりました…狂気すら伝わるほど上手でした。1位のバヤン(アコーディオン)とドムラ(マンドリン)のペアは想像を絶する超絶技巧の持ち主でアンサンブル的な会話もあり、知らない分野の楽器の可能性を教えてもらいました。
長いコンサートですが、全く疲れませんでした♪

残念ながら、お昼の公演は、いずみホールの10分の1くらいのお客様だったのではないでしょうか。
正直、こんなに勿体無い事はない、と思いました。
こんなにハイレベルな演奏、本当になかなか聴けないと思うからです。
国際的にも若手の登竜門となっているコンクールなだけあって、それぞれのグループの集大成とも言える完成度の高さに心から驚きました。

というか、年々レベルが高くなっていますね、、
以前はコンクールそのものを聴きに行き、それでも驚いたのですが、今日また聴く事が出来て、次回も絶対に来ようと心に誓いました(*^▽^*)

帰ってきたら、な、なんと、、
ソワレのyoutube(さっそくアップされていて驚いた!)
そして、
マチネの後半です
マチネ前半もありました^ ^
[PR]
トラックバックURL : http://aubaden.exblog.jp/tb/27831662
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by aubaden | 2017-05-22 22:59 | Trackback | Comments(0)