Appelez-moi Namiko! aubaden.exblog.jp

橋田波子のブログへようこそ!!


by aubaden
プロフィールを見る
画像一覧

2017年 05月 06日 ( 1 )

昨日感動したウラル・フィルハーモニーとドミトリー・リスの指揮で、今日はベレゾフスキーのコンチェルトを聴く事が出来ました。

f0064017_22182698.jpg

f0064017_22184495.jpg


おとといのソロリサイタルでもその超人ぶりに驚いたのですが、今日もまた、それを確信できる素晴らしい演奏でした。
ピアノを弾く上ではあらゆる要素が必要ですが、ベレゾフスキーはそれらの全てが理想的だと思える最高のヴィルトゥオーゾだと思います。
今回のハチャトリアンでは民族性もあり、打楽器的な要素もあり、時には叙情性もあり、本当に余す事なく楽しむ事が出来ました。
ウラル・フィルハーモニーの引き出しの多さにも驚きましたが、オケがtuttiだとしてもベレゾフスキーの音の響きはとても豊かで、ニュアンスの詳細までがちゃんと聴こえてきました。
本当にすごい。やはり、一言で表すなら、超人という事なんでしょうね。。

使用されていたピアノはスタインウェイの勿論フルコンなのですが、ベレゾフスキーが弾くと、彼にはこのピアノは小さすぎるのではないか、と思えてきます。
実は、ここまでフルコンが底鳴りをしている状態にはめったにお目にかかれない気がします。
軽々とそのピアノの限界に到達しているように思えるのです。

彼のチャイコフスキーコンクール優勝時の特番のひとつで、自宅での練習風景があったのを記憶しています。それは粗末なアップライトピアノ(半円型?)で、それにもかかわらず豊かな音色で他を圧倒して優勝した事にとても驚いたのを思い出します。ペレストロイカという謎に包まれた異国のあまりに次元の離れた凄すぎるコンクール覇者、という感じでしたね。。
昔の記憶で、私も子供でしたけどね〜・・・。

今日のプログラムも大変興味深く、最後まで釘付けでした‼️

ベレゾフスキーは、ラフォルジュルネの後も、N響の公演や国際音楽祭NIPPON 、などに出演予定のようです。
私もまた機会を見つけて、また演奏を聴きに行けたらいいな。

しばらくは、ここ数日で味わった感動で頭の中が散らかっているので、ちょっと消化の時間が必要です(笑)
[PR]
by aubaden | 2017-05-06 22:40 | Trackback | Comments(0)