橋田波子のブログへようこそ!!


by aubaden
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2004年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

甲府での演奏を終えて

甲府での演奏を終えて、今、心の中を満たしているものーそれは、感謝という気持ち、この一言に尽きると思います。こんなに素晴らしい運営陣に恵まれると、誰が想像したでしょうか・・・。オードリー・ヘップバーンをテーマにしたイベント。これだけを聞けば、誰もが日本での彼女の人気の高さに便乗した、ただのショービジネスだと思うでしょう。しかし実際は全然違ったのです。その運営スタッフの皆様の、何という素晴らしいお人柄!それらはビジネス関係によってのみ形成された人間関係の域を超えていました。お互いがお互いを思いやる気持ち、その気持ちには相手に対する尊敬の念が必ず含まれていました。そしてそこには、仕事への誇りや相手を喜ばせたいと心底願う気持ち、などなど多くの要素を感じ取ることが出来るのです。全ての気遣いが、完璧でした。少し抽象的過ぎて、分かりづらいかも知れませんね。でも、とにかく本当に気持ちよくお仕事をさせて頂けたのです。このような素晴らしいご縁に感謝です。音楽やってて良かった、と心から思える瞬間です。
加藤タキさんのお話も、それはそれは素晴らしいものでした。様々なエピソードがありましたが、オードリーとタキさんとの間に芽生えた友情にも、お互いの尊敬の念を感じ取ることが出来、とても印象的でした。そして何と!お話を終えたばかりのタキさんがこちらにいらして、ため息が出そうなほど美しい笑顔で「素晴らしかったわ」と言って握手を求めてくださったのです!本当に幸せでした。
何だか今日はとても真面目なネタになってしまいましたね・・・。でも本当に、一人の人間として、女性として、目指すべき形を見つけたような、貴重な一日だったのです。
[PR]
by aubaden | 2004-04-21 02:49 | Trackback | Comments(0)

いざ甲府へ!

明日から私は甲府でのディナーショーに備えて現地入りをするので今夜は荷造りと持ち物チェックで大忙しです。あ。ディナーショーとは言っても私のではありません。オードリー様メインのディナーショーです。でも今回のお仕事は責任重大なんです。何たって、自分の作品を演奏する訳ですから。ひゃ~!です・・・。例えば演奏曲が、ショパンやベートヴェンの曲であれば、出来不出来は自分の問題としても、世界中が認めているレッキとした名曲なわけです。が、しかし!自分の作品を演奏するとなると、演奏直前までそれを知っているのは自分だけなのであって、聴衆の皆様が楽しんで下さるかどうか、終わってみるまで分からないのであります!今回の作品は、オードリー様のメロディをモチーフにはしているものの、序奏や間奏に自作曲を入れてみたり、和声進行でロシアンメソッドを取り入れてみたり…、とかなり遊んでしまっております。ですから、「受け入れられるだろうか」…そんな不安感と闘いつつ、今夜の荷造りに励みたいと思います。
一番大事なのはやはり楽譜。たとえ本番で使わなくても、ないと不安になります。そして衣装と靴。特に靴は、下半身が安定する事が必要不可欠なので、代役はききません。もう、めちゃ大事!ここまで間違いなく揃えば、かなり心に余裕が出てきます。あとは筆記用具、化粧品、つけ毛、アクセサリー、などなど・・・。おっと、忘れてならないのが、飛行機のチケット(もしくは新幹線のチケット)です。これ、忘れると自分を忘れて行くのと同じですからね・・・アブナイ、アブナイ。
あとは明日の早起きと、道中の無事を祈るだけです。
では、行ってきます!!!
[PR]
by aubaden | 2004-04-19 18:38 | Trackback | Comments(0)

ホームページ開設!

遅ればせながら、この度ようやくホームページを開設させて頂く事になりました。
どんな展開になるのか、見てくださる皆様に楽しんで頂けるのか、不安は尽きませんが、どうぞよろしくお願いいたします!ご意見やご感想など頂けると、とても励みになりますので是非メールの方もビシバシと送って下さいね!
4月に入りました・・・。ここ数年、私は花粉症に悩まされており、どこへ行くにもサングラスが手放せなくなっています。なぜなら、涙が止まらないから!最近は「花粉完全シャットアウト!」のゴーグルのようなメガネも出てますよね。まさか水中にもぐる訳じゃあるまいし、そんなものは絶対にかけたくないと思っている私は、あゆファッションの店で顔の3分の1を隠してくれるサングラスを購入し、それを装着して街をさまよっています。「昆虫人間ゼム」、「よど号ハイジャック犯みたい!」など、最近の私への賛辞は限りないのですが、そんな言葉を背に受けながら今日も花粉症と闘ってます。
[PR]
by aubaden | 2004-04-01 18:36 | Trackback | Comments(0)