Appelez-moi Namiko! aubaden.exblog.jp

橋田波子のブログへようこそ!!


by aubaden
プロフィールを見る
画像一覧

<   2006年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

フィギュア!

数日間、すっかりフィギュアスケートにハマってしまいました。スポーツ観戦はもともと好きなのですが。 素晴らしかった!!もちろん、日本中が湧いているんですから、皆さんきっと同じ気持ちでしょう!
何といっても圧巻は荒川静香さん。全日本のショートプログラムの時も素晴らしかったけど、それにも増して感動しました。見るものの目を釘付けにして離さない強さを秘めていました。虚飾も見栄もなく、奇をてらうこともなく、それでいて気品があって凛としていて・・・、なんて美しい人なんだろう、と思いました。内面から溢れ出る美しさとはああいうものですね。24歳!!すごいです。(一部の、ロシアのスルツカヤ選手が転倒したことによって金メダルを手中に収めたという報道には憤慨してしまいました!!)
ミキティの愛称で有名な安藤美姫さんの挑戦が見れた事も良かったです。彼女の演技中の表情って、私はまるで青い鳥でも探しているかのようだと思うんですね。自分の求めるものを探し続けて、いつか見つかった時、彼女自身も大きく羽ばたくんだろうな~と思い、今後も見守りたい!と思いました。
そして、村主章枝さん。心を揺さぶられる、という意味で、最も感動したのは彼女の演技でした。自分の世界を創り上げる、というのは表現者にとって、最も大切な事です。音楽の世界もそうですが、作り手の作品に負けてしまってはいけないのです。自分が今、している表現は何なのか、見手側につたえるには、深い洞察力を持って理解した上で自分の世界観と融合させなければ・・・どちらが抜けてしまってもいけないんですよね。私も、そういう表現者を目指したいと思います!
それにしても。ショパンコンクールをインターネットの同時中継でやっていた昨年、このぐらいのフィーバーぶりがあるべきでしたねぇ、私は・・・。
[PR]
by aubaden | 2006-02-25 14:05 | Trackback | Comments(0)

ライブ

とあるカフェでビートルズのライブをやるというので、行って来ました。ジャンル違いのものって、意外と発見が多いんですよね。でまず会場を見渡して、そうか~ピアノを置かないとなると、こうゆうレイアウトになるわけね・・・と。
ビートルズのライブ自体は決して初めてではありません。ビートルズのコピーバンドと称するグループには枚挙にいとまがありませんからね。実際、ご招待いただいて伺ったこともしばしば。
今回、自ら行きたいと思ったのには理由があります。それは、インドの楽器シタールが入る、という情報を聞きつけたから。
シタール。・・・その不思議な響きのする楽器に一度じっくり耳を傾けてみたかったのです。大型の三味線のような形でありながら、琴のような奏法。和声を奏でることも、アルペジオの奏法もあり、それでいながらメロディ楽器・・・。そんなシタールで、どうやってビートルズナンバーを聞かせるのか。私の興味はそんなところでした。
ところで、ビートルズって本当に好きな方多いんですよね。ビートルズの先にビートルズはなし、しかしビートルズの後にはビートルズはあるわけで、でもやっぱりスーパースターなんですよね。団塊世代の方たちは皆さん、口ずさめる。これはスゴイことです。で、そのメロディをちょっと変わった構成でインストルメンタル化させる。エンターテイメントですよね。いろいろ学ぶコトありました。
[PR]
by aubaden | 2006-02-13 13:35 | Trackback | Comments(0)

連弾

5月に、ピアノ連弾のコンサートをする事になりましたぁ~~!今まであまり経験がなかったんです。室内楽や声楽とのアンサンブルはたくさんあったのに、ピアノ同士はあまりやっていない・・・不思議っちゃあ、不思議なんですけど。
今回はなんと、素晴らしいピアニストと共演しますよ!リスト協会の理事も務めていらっしゃる、リヒャルト・フランク氏です!!氏はジュリアードのご出身で、輝かしい経歴の持主です。こんな機会を得られるなんて、なんて幸福なのでしょう。
今日は2人で、お茶をしながら、プログラム決め&大初見大会をしました。とにかく膨大なレパートリーをお持ちなので、プログラム決めが大変!でも決まりました。とても素敵なコンサートになりそうな予感。世界を股にかけてご活躍なので、合わせが始められるのは4月中旬から、なのですが、それまでに練習練習!だって私にとっては新曲だらけだから。頑張ります~~♪
[PR]
by aubaden | 2006-02-10 11:46 | イベント告知 | Trackback | Comments(0)