Appelez-moi Namiko! aubaden.exblog.jp

橋田波子のブログへようこそ!!


by aubaden
プロフィールを見る
画像一覧

<   2007年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ヘップバーン&ピアフ

金曜日に、ヒルトンのトワイライトコンサートで演奏してまいりました!フルートの山田さんとは今回で3回目の出演になります。
で、何気に「数年前に作ったヘップバーン・メドレーがあるんですが・・・」と言うと、それにしましょうという即答だったので、何だか嬉しくなって過去の編曲ファイルをあさり、見つけ出しました。懐かしい~~!数年ぶりに弾いてみると当時の私の意気込みが感じられると言うか、恥ずかしい程、一生懸命な技巧的作品?になっていました。いろんな意味で、過去の作品というのは恥ずかしいものです・・・。
バイオリン&ピアノのデュオ用に作ったものなのに、難なく吹いてくださる山田さんは流石!でもこのメドレーは15分強のものなので、他の曲選びをどうするか・・・純クラシックもねぇ~、と言ってるうちに、現在公開中だし、エディット・ピアフ(愛の賛歌)をしよう!という事になりました。
エディット・ピアフ。8月のコンサートに来て下さった方は、どこかで聞き覚えのある名前でしょう。ピアノソロで明利さんが弾いて下さった、プーランクの曲「即興曲弟15番~エディット・ピアフを讃えて」ですね。解説にも書いてあったようにピアフ、ジャン・コクトー、プーランクは実に運命的な間柄なのです。映画の中では、コクトーの名前が数回出てくるだけですが、ここに歴史的人物の名前が羅列されている事にも興奮を覚えますね!それから映画を見て、愛の賛歌を作ったマルグリット・モノーがまるでピアフの専属作曲家のようだった事も新鮮でしたし、出来れば登場した数人の作曲家についても知りたかったなぁ・・・。でもまぁ、ピアフの映画だし、しょうがないですかね。
とても話がそれてしまいました。。。トワイライトコンサートでは皆さんとても熱心に聴いてくださって、後で数人来て下さって、青春時代を思い出した、いい時間でした、と嬉しいコメントを頂けた事は幸せでした。
この日はお昼にも吹田のある寺院で合唱と歌の伴奏の本番をしたのですが、そちらもまた暖かい雰囲気で、心洗われました。感謝です!
[PR]
by aubaden | 2007-10-14 20:04 | Trackback | Comments(0)