橋田波子のブログへようこそ!!


by aubaden
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

11月の14日、17日と連続して行ったピアノトリオのコンサートもどうやら無事に終わり、ようやくボーっとしています。
来て下さった皆様、応援して下さった皆様、本当にありがとうございました!!
いつもそうなのですが、コンサートひとつにたくさんの方の協力があります。マネジメントをして下さったMAS企画の皆様、コンサート会場で何から何まで気をくばり万全の状態で本番を迎えさせて下さったヤマハ銀座サロンの皆様、3人の音のバランスを根気強く聴いてアドバイスして下さった兵庫県立芸術センターの舞台担当の皆様、それからせっかくのコンサートだからと集客にご尽力下さった皆様・・・感謝という言葉ひとつでは表せないほどです。
今回のプログラムは、ピアノトリオの中では超メジャーな曲目だったのですが、そうは言っても室内楽という地味でマニアックな分野ですし、私自身は大好きで楽しく取り組んでいるのですが、聴いて下さる皆様には馴染み辛いかな~、という心配もありましたが、楽しかったというご意見をたくさん頂けて嬉しかったです。
プログラムの中でもメンデルスゾーン、難曲でした~。本当にいい曲で、ずっと憧れてた曲でしたが、よくピアノコンチェルトに例えられる程、音数も多くテクニック的にも大変な曲です。ピアノパートのテクニックを克服したら合わせの段階で再び難局を迎えます。音数の多さと3人のバランスの調整です。それに加えてドイツ作品らしくメロディが複雑に絡み合っているので本当に難解。今後もまた挑戦したいレパートリーになりました。
メンバーのバイオリンの黒子さんはハンガリー在住なので、合わせは帰国されてからの10日間。でも連続して行ったので、それぞれの意見交換も活発に出来ましたし、とても有意義な日々となりました。f0064017_2032547.jpg

室内楽には自己を主張しながらも他の個性を尊重するという、素晴らしい魅力があります。偉大な作曲家達がこの分野に深く共感し素晴らしい作品を遺したのもまた大きな魅力で、その数は本当に膨大です。また素晴らしい作品に出会い、挑戦したいと思います。

東京でのコンサートが終わって、明くる日ディズニーシーに行ってきました。平日だというのにたくさんの人で、子供さん連れも多かったです。きっとランドの方はもっと凄かったんでしょうね!景色やショーが素晴らしかったのでご機嫌になりました♪
[PR]
by aubaden | 2008-11-25 20:04 | Trackback | Comments(0)