橋田波子のブログへようこそ!!


by aubaden
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2016年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

演奏しました^ - ^
場所は由緒正しい大阪天満宮です(笑)

f0064017_20433564.png

f0064017_2110321.png

f0064017_21144100.png

f0064017_20454089.png


お察しのとおり、演奏したのは以前チラリとご紹介した

アニソン

です。
終わってから焼肉(*^^*)

f0064017_2047223.jpg


謎の美少女はフルートの南栄美さんです♥️
とっても楽しかったです♪♪
[PR]
by aubaden | 2016-10-30 20:47 | Trackback | Comments(2)

おめでとう!!

今月、こちらの記事でご紹介した古瀬まきをちゃんが、

尼崎市民芸術奨励賞

受賞されました♪
素晴らしいですね!
これからも、大きく羽ばたいてほしいです。
応援しています♪

↓ ↓ ↓
尼崎市政は100年記念らしく・・・
[PR]
by aubaden | 2016-10-26 12:30 | Trackback | Comments(0)
仲良くさせて頂いているピアニストの加藤哲子さんのリート・デュオリサイタルを聴かせて頂きました。

圧倒されました。
素晴らしかった!

今回の記事は、自分自身の記録と思い出のために書きます。

前半は、たくさんの作曲家を面白く聴かせてくれて、
後半は、シューマンの「詩人の恋」をじっくり聴かせてくれました。

詩人の恋の出だしの伴奏で、既に圧倒されていて、
それから響きの種類が変わる度に感動し、すっかり演奏家の意のままになっていた私。

哲子さんのピアノは、官能的でもあり、エネルギッシュでもあり、鋭い集中力で、今必要な理想的な響きが分かっていて、それを全て自由自在に操っているようでした。

テノールのラファエル・ファーブルさんの歌も素晴らしかった。
私は自分の専門でもあるピアノに釘付けでした。

哲子さんのピアノを聴くのはまだ3回目くらいなのですが、リートの専門家で毎回期待を裏切らない素晴らしいピアニストです。
拠点がヨーロッパなので、年に数回しかない機会ですが、機会があれば皆さんも是非お聴きください‼️

フェニックスホールは徒歩圏内なので、ひとり余韻にひたりながら歩いて帰りました(笑)

クララ・シューマン 僕は暗い夢にたたずみ
ロベルト・フランツ 僕の胸の大きな痛みから
メンデルスゾーン 新しい恋
リスト 僕の歌は毒されている、 始めはもうひるもうと思った
ブラームス 花たちは見る、 航海
ベルク 最愛の美しい女性
ヨゼフ・マルクス ひとつのトウヒが孤独に立ち
ヴィルヘルム・キルマイヤー 地球はかなりの間ケチだった、 若い婦人は海に立ち、 この女性達 理解している・・・
ヴォルフガング・リーム ハイネの"セラフィーヌ"のために(声楽とピアノの為の7つの詩)

シューマン 詩人の恋
[PR]
by aubaden | 2016-10-25 23:02 | Trackback | Comments(0)

今日はYAMAHAさんで。

仲道祐子さんのコンサートを聴かせて頂きました〜。

f0064017_013093.jpg


素晴らしかったデス。そして、お美しかったデス。
緻密な音楽作り、憧れます♡

そして、

f0064017_0143970.jpg


来月開催の私のミニコンサート、宣伝してくださっていました!

やばい、練習せねば!!

そう思いつつ、夕方はフルートの練習に行ってきました〜。
来週、メリーウィドーのワルツと仮面舞踏会、吹きます^ ^
楽しかった〜♪

そして、こんな曲も練習中♪
こちらはピアノ伴奏の曲。
f0064017_132210.jpg


クラシックとは全然ノリが違うのだけれど…。
弾いてるとテンションがハイになるから不思議(笑)

しばらく練習月間が続きます(o^^o)
[PR]
by aubaden | 2016-10-24 00:18 | Trackback | Comments(0)

演奏中♪

船上でのコンサートの演奏風景です(*^o^*)
事務所の方が送ってくださいました!
嬉しい(≧∇≦)
ありがとうございます♡

f0064017_8271350.jpg

f0064017_8273485.jpg


最初のコンサートです!
そして同日の2回目のコンサート。

f0064017_8303340.jpg

この時は、お客様の数多くて、事務所の方も史上最高かとおっしゃったくらい(o^^o)
嬉しかったです。
f0064017_832650.jpg

f0064017_8324666.jpg


こちらは帰りの船でのコンサート。
f0064017_8335773.jpg

f0064017_8342141.jpg


この時も多くのお客様来てくださって熱心に聴いて下さいました。
ありがとうございます!
そして事務所からはお二人がご同行くださって、本当に演奏に集中できる環境を作って下さいました。
アドバイスも的確で気さくでお美しく、女性としても憧れます♡
本当に感謝です!!

f0064017_8383429.jpg


終演後に船内で撮ってみました♪
[PR]
by aubaden | 2016-10-20 08:39 | Trackback | Comments(0)

血の池地獄〜昼食

f0064017_9243758.jpg

f0064017_218772.jpg


血の池地獄もなかなかの迫力で…

f0064017_9252120.jpg


広大な赤い温泉がグツグツ言ってました(笑)
f0064017_2184148.jpg


さて、お腹もすいてきまして、人気の海鮮丼食べに。

f0064017_9282796.jpg


海鮮いづつさん。

空腹の中、まさかの40分待ち。

その結果‼️

f0064017_9294678.jpg


ヒ、ヒドすぎる‼️


いいえ。滑り込みセーフ。
ちゃんと食べさせて頂きました〜〜(o^^o)
(一人茶番劇スミマセン; )

f0064017_9312213.jpg


酢飯の上に、これでもかっという程、海鮮のってます。
美味しいです〜〜
また行きたい♡

そして、いい時間になりまして、大分からの乗船場に。
f0064017_9334026.jpg


いい雰囲気のこちらの駅から少し歩きます…。

つづく。
[PR]
by aubaden | 2016-10-11 09:33 | Trackback | Comments(0)

かまど地獄

f0064017_9181249.jpg


日光がまぶしくて。
面白すぎる顔になってしまいました〜

f0064017_9193058.jpg


f0064017_920658.jpg


f0064017_9203940.jpg


煙に反応して蒸気が出ますよ、という実践解説付きでした^ ^

f0064017_9214923.jpg

[PR]
by aubaden | 2016-10-11 09:22 | Trackback | Comments(0)

海地獄

f0064017_913818.jpg


こちらが入り口。
文恵ちゃんの後ろ姿が見えます(o^^o)

f0064017_9141489.jpg

f0064017_9145760.jpg


とっても綺麗なブルーの温泉。
98度もあるそうです。
こちらは赤い温泉。

f0064017_9161458.jpg


f0064017_9164946.jpg


かまど地獄につづく・・・
[PR]
by aubaden | 2016-10-11 09:17 | Trackback | Comments(0)

いったん別府で下船。

別府駅です。

f0064017_961036.jpg


この銅像には、
「子供たちを愛したピカピカのおじさん」
と書かれていました。
個人名ではなく、ピカピカのおじさん…。
なかなかのインパクトです(笑)

前日から入浴出来ていなかったので。
f0064017_182547.jpg


とってもレトロなお風呂屋さんに来ました。
さすが別府。
大衆浴場も温泉です。
こちらは、砂蒸しもあり、とてもお安くて、多くの利用客で賑わっていました。

明治の時代から続いているとの事で、地元の方も多くいらっしゃいました。
すごく良かったです‼️
f0064017_9114494.jpg

[PR]
by aubaden | 2016-10-11 09:11 | Trackback | Comments(0)
すごく盛り上がって楽しかった‼️

気合い入ってテンションも上がりました(≧∇≦)

これから寝なくては!
明日は5;30起きなので‼️

f0064017_22574369.jpg

f0064017_1826651.jpg


船のお客様は、たった一晩ですけど寝食を共にしている感じがあって、なんだか家族のように思えてきます。
あったかいです^ ^

f0064017_7252524.jpg

閉店後のレストランの様子。

f0064017_7261556.jpg

[PR]
by aubaden | 2016-10-09 22:58 | Trackback | Comments(0)