Appelez-moi Namiko! aubaden.exblog.jp

橋田波子のブログへようこそ!!


by aubaden
プロフィールを見る
画像一覧

きみが~~

荒川静香選手の金メダルのおかげで、なんだか久々に「君が代」を聴いたなと思います。欧米の国歌って、すごくカッコよく聞こえてしまうのは、私だけ?君が代って、諸外国の方達にはどのように聞こえているのでしょうねぇ・・・。
そんな事を考えていたら、君が代ゴージャス・バージョンを作ってください、との編曲依頼が来てしまいました。めぐりあわせなんて、こんな不思議なものですね。有難いことです。
週が明けたら早速考えてみよう!
ゴージャスに・・・例えば。
君が代ラテンバージョン。君が代ロックバージョン。君が代パンクバージョン。君が代ラップバージョン。
或いは、君が代ショパン風。君が代モーツァルト風。君が代ラフマニノ風。
・・・真面目に考えます。
[PR]
# by aubaden | 2006-03-03 00:09 | Trackback | Comments(0)

なべ

来週、お仲間達と鍋パーティをする事になっています。言いだしっぺは私で、どうせなら蟹(それもタラバ蟹)を調達しようという事になってしまいました。「私、調達しますよ~」なんて軽々しく言うものではない・・・。後悔したところで、約束は約束だし、食べたいものは食べたいので、ゼッタイ何とかしてやるぅ~、と思っていたら、その日は夕方まで奈良で伴奏して、その後大阪で教えて、その後がパーティだった、という事を思い出し、頭をかかえています。もっと高尚な事で頭かかえようよ、という声が飛んできそうですが・・・。だって楽しみなんだもの。きっと今年度最後の鍋になるでしょう。
計画では、豊南市場(庄内にあるローカル市場)で調達するつもりだったのです。昔、そこの市場でタラバ蟹買って、そのままバーベキューに行って焼き蟹やら甲羅酒やら作って飲み食いした美味しさが格別だったんですよね~。たしかそのタラバは2Kg弱もあって6千円くらいだったかな~~♪
さて、どうするか・・・・・。もう少し、悩んでみます。
[PR]
# by aubaden | 2006-03-01 13:35 | Trackback | Comments(0)

フィギュア!

数日間、すっかりフィギュアスケートにハマってしまいました。スポーツ観戦はもともと好きなのですが。 素晴らしかった!!もちろん、日本中が湧いているんですから、皆さんきっと同じ気持ちでしょう!
何といっても圧巻は荒川静香さん。全日本のショートプログラムの時も素晴らしかったけど、それにも増して感動しました。見るものの目を釘付けにして離さない強さを秘めていました。虚飾も見栄もなく、奇をてらうこともなく、それでいて気品があって凛としていて・・・、なんて美しい人なんだろう、と思いました。内面から溢れ出る美しさとはああいうものですね。24歳!!すごいです。(一部の、ロシアのスルツカヤ選手が転倒したことによって金メダルを手中に収めたという報道には憤慨してしまいました!!)
ミキティの愛称で有名な安藤美姫さんの挑戦が見れた事も良かったです。彼女の演技中の表情って、私はまるで青い鳥でも探しているかのようだと思うんですね。自分の求めるものを探し続けて、いつか見つかった時、彼女自身も大きく羽ばたくんだろうな~と思い、今後も見守りたい!と思いました。
そして、村主章枝さん。心を揺さぶられる、という意味で、最も感動したのは彼女の演技でした。自分の世界を創り上げる、というのは表現者にとって、最も大切な事です。音楽の世界もそうですが、作り手の作品に負けてしまってはいけないのです。自分が今、している表現は何なのか、見手側につたえるには、深い洞察力を持って理解した上で自分の世界観と融合させなければ・・・どちらが抜けてしまってもいけないんですよね。私も、そういう表現者を目指したいと思います!
それにしても。ショパンコンクールをインターネットの同時中継でやっていた昨年、このぐらいのフィーバーぶりがあるべきでしたねぇ、私は・・・。
[PR]
# by aubaden | 2006-02-25 14:05 | Trackback | Comments(0)

ライブ

とあるカフェでビートルズのライブをやるというので、行って来ました。ジャンル違いのものって、意外と発見が多いんですよね。でまず会場を見渡して、そうか~ピアノを置かないとなると、こうゆうレイアウトになるわけね・・・と。
ビートルズのライブ自体は決して初めてではありません。ビートルズのコピーバンドと称するグループには枚挙にいとまがありませんからね。実際、ご招待いただいて伺ったこともしばしば。
今回、自ら行きたいと思ったのには理由があります。それは、インドの楽器シタールが入る、という情報を聞きつけたから。
シタール。・・・その不思議な響きのする楽器に一度じっくり耳を傾けてみたかったのです。大型の三味線のような形でありながら、琴のような奏法。和声を奏でることも、アルペジオの奏法もあり、それでいながらメロディ楽器・・・。そんなシタールで、どうやってビートルズナンバーを聞かせるのか。私の興味はそんなところでした。
ところで、ビートルズって本当に好きな方多いんですよね。ビートルズの先にビートルズはなし、しかしビートルズの後にはビートルズはあるわけで、でもやっぱりスーパースターなんですよね。団塊世代の方たちは皆さん、口ずさめる。これはスゴイことです。で、そのメロディをちょっと変わった構成でインストルメンタル化させる。エンターテイメントですよね。いろいろ学ぶコトありました。
[PR]
# by aubaden | 2006-02-13 13:35 | Trackback | Comments(0)

連弾

5月に、ピアノ連弾のコンサートをする事になりましたぁ~~!今まであまり経験がなかったんです。室内楽や声楽とのアンサンブルはたくさんあったのに、ピアノ同士はあまりやっていない・・・不思議っちゃあ、不思議なんですけど。
今回はなんと、素晴らしいピアニストと共演しますよ!リスト協会の理事も務めていらっしゃる、リヒャルト・フランク氏です!!氏はジュリアードのご出身で、輝かしい経歴の持主です。こんな機会を得られるなんて、なんて幸福なのでしょう。
今日は2人で、お茶をしながら、プログラム決め&大初見大会をしました。とにかく膨大なレパートリーをお持ちなので、プログラム決めが大変!でも決まりました。とても素敵なコンサートになりそうな予感。世界を股にかけてご活躍なので、合わせが始められるのは4月中旬から、なのですが、それまでに練習練習!だって私にとっては新曲だらけだから。頑張ります~~♪
[PR]
# by aubaden | 2006-02-10 11:46 | イベント告知 | Trackback | Comments(0)

新年です、新年会です

あけましておめでとうございます。
バタバタと年末年始が過ぎていき、先日はなんと3年ぶりに(!)大学専攻科時代の同級生と新年会をしてきました。とは言っても、個人個人では割とよく会う機会もあるのですが。でも集まるのは、3年ぶり。私たちの専攻科は全部で10数名いるのですが、今回は6名が集まりました。とにかく個性派揃い!6人もいれば話題も尽きることなく、なんと12時間もの間、しゃべりっぱなしでした!メンバー宅でしたせいもあって、本当にしゃべりっぱなし!!同級生って本当にいいものです。だって久しぶりに会っているのに全然そんな感じがしない。学生時代は毎日のように顔を合わせ話をしていたのですが、今もノリは全く同じ。でも、それぞれが個々に現役で演奏活動していますから、みんな本当に大したものです。そして、友の活躍をまるで自分のことのように喜び合えるのですから、ホントに大切な大切な友人達です。今度はいつこうやって集まるのか謎ですが、次回もきっと、同じノリでしょう。
こんな感じで始まった2006年です。今年もめいっぱい、頑張りたいと思います。どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
[PR]
# by aubaden | 2006-01-08 17:21 | Trackback | Comments(0)

ロープウェイが・・・

いや~~!びっくりしました。
雪による被害が全国的に広がっているようですので、充分に注意したいものですね。
森のホールでは、よくコンサートさせて頂いていますが、天候によるロープウェイの運休は初めての経験。お客様が来れないんじゃあ、コンサートをしてもしょうがないので、当然のごとく、ヘングレは中止(延期?)となりました。
でも神戸で打ち上げ会場を使って、飲み会は決行!!さすが関西人!!!楽しかったで~す。
で、今日からまた日夜譜読みの日々です~~
今年の年末年始は結構多忙なんです。頑張らねば!です。
[PR]
# by aubaden | 2005-12-19 01:34 | Trackback | Comments(0)

今日は・・・

以前から、このホームページ宛やお手紙やメールでメッセージやご質問をたくさん頂いていて、ずっとお答えしなければ、と思っていたので、この場を借りてお答えしたいと思いま~す♪
演奏をさせて頂く立場になりますと、応援してくださるお客様がいるというのは、何物にも代え難い励みになります。
励ましのお手紙を下さったり、演奏の機会を作って下さったり、演奏会場に足を運んで下さったりーーしかも沢山のご友人をお連れ下さったり・・・本当に有難い事です。励ましのお手紙は本当にたくさんの方々にいただきます。例えば夏のリサイタル後には、直木賞作家でベートーヴェンの研究家としても著名な阿部牧郎先生からも身に余る賛辞のお手紙を頂戴し、感激したものです。皆様、本当にありがとうございます。

今、コンサートスケジュールのところ、閉鎖しちゃっています。スイマセン・・・ちょっと模様替えしようとしているんですね。で、カテゴリーももう少し増やすかも知れません。HP管理して下さっているN君とも話し合いますが管理人さんも多忙なんで、年明けまでお待ち下さい。すみません。で、こうしたらどう?みたいな意見とかアドバイスがあれば教えて下さいネ♪
掲示板は?との質問も頂きますが、ゴメンナサイ今の所はちょっと考えていませんm(_ _)m ・・・でも、いつか、頑張ります!
レパートリーへのご意見もチラホラ・・・。英雄ポロネーズや幻想即興曲も弾きます!最近は弾いていませんでしたが、いずれまた必ず!!
ピアノコンチェルトはピアニストにとっては憧れですよね~~。私はまだ3回しか経験していないので、またチャレンジしたいです。やっぱしオケも含め大勢の出演者が必要な分(つまりコスト面ですね)機会や需要が少ないのも事実なんです・・・。ベートーヴェンの皇帝になるか、グリーグの協奏曲になるか、はたまた全然別の曲になるか分かりませんが、とにかくいい曲が多いですからね。また出来ればいいナ、と思っています!
関西に住んでいるので、京阪神を中心に演奏活動をしていますが、東京や、四国、中国地方や北陸あたりでも演奏させて頂く機会もあるのですが、やっぱり少ないですかね~。でも遠出をするのは実は大好きなんです!リフレッシュも出来ますし、お客さまはどこに行っても暖かいので、本当に嬉しくなります。どうか近くで演奏させて頂ける機会には、是非お出掛け下さい!!
アッという間に今年も12月。今月は伴奏がほとんどです。24、25のコンサートはフルートの伴奏です。バッハのソナタ、タクタケシビリのソナタなどなど全部で30数曲伴奏します。実は今回は、中学生の時から地元でお世話になり続けている大好きな先生ともご一緒できるので、とても楽しみにしているのです。両日とも演奏前後はきっとドタバタしているので、ご了承下さい~~m(_ _)m
さてさて、最近は音楽の分野でもべつの分野でも、新たなコミュニティが築けそうな予感がしていて、ワクワクしています。もちろん、言うまでもなく古くからのお付き合いも大切にしています!!とにかく人と接するのが楽しくて仕方がない今日この頃。昔からワイワイするの大好きでしたけどね。本当に感謝の気持ちは絶えないです。
[PR]
# by aubaden | 2005-12-01 01:37 | Trackback | Comments(0)

イベントの週

秋から年末にかけて、忙しい季節に入ります。芸術の秋はコンサートシーズン、12月に入ればクリスマス。当然、練習しなきゃいけない曲も増える訳で、50曲以上の曲を抱えている状態が常となっています。
そんな中、この週末もイベントが目白押しで、金曜日にはボジョレーヌーボーの解禁にちなんだイベントが、土曜日はお世話になっているサロンの1周年のイベントがあり、出掛けてきました。
ボジョレーの解禁があったのはロイヤルパレス阪神。すごい熱気でした~。いわゆるパーティー仕事なのですが、来られている方々の中に知り合いが多すぎる・・・。卒業後からずっと可愛がっていただいている場所なんです。それはそれは嬉しくて、演奏後は私もワインをたっぷりいただきながら、実りある話ができ喜びもひとしおでした。10年来保護者のように可愛がって下さっている方々も見えてましたし、同世代で頑張っている友人達も。みんな、変わらない気持ちでお互いの健闘をたたえ合いながら接してくれるのは本当に嬉しい事です。
数年前からおせわになっている創徳庵は音楽サロンで、ミュージックアートステーションとなってから1年を迎えます。考えたら個性的な場所だし凄いところだな~と思います。平気で有名な外来アーティストとか呼んでくるし。
で、今回のイベントではクラシックステージとして、ピアノソロと声楽伴奏をしました。リストやドビュッシーの名曲を弾きましたが、リストのような激しい曲を弾くのに照明の事考えるの忘れてたっ!なんだか薄明かりの中でミョーな曲芸弾きになってしまいましたぁ~。歌は大好きな声楽家のマリさんとの共演で、霧と話したとか初恋とかの有名どころを伴奏させて頂きました。
途中までしか参加できなかったのですがその後のパーティも盛り上がった様子。いろんなジャンルのいろんな人達が、このサロンに集ってきて、それぞれの交友を深めています。本当に1周年おめでとうございます!!これからもますますの発展をお祈りしています!!!
[PR]
# by aubaden | 2005-11-21 01:38 | Trackback | Comments(0)

香川県

6日、高松のサンポートという所で演奏しました。県営のとても立派な建物。広すぎて何度も中で迷子になってしまいました。案内して頂くのですが、どうも今日のイベントについて中のスタッフの皆さん把握していないらしい・・・。時間ないよ~~と思いながら汗だくになって走り廻ってしまいました。小泉首相の言う官から民への時代が来たのでしょうか??(なんちゃって!)さて、広い会場に特設ステージがいくつもあり、そのうちの一つが私の演奏場所でした。なかなか経験のないスタイルでしたが、大変楽しかったです。
ところで四国に対して、数年前まで遠い!という印象を持っていたのですが、最近は“橋”のおかげで随分近いですよね。3年前も、香川県内で『橋田波子・新春リサイタル』を計画して頂き、赴いた事がありましたが、その時は電車で行きました。今回は高速バスで行きましたが、コスト・時間ともに気軽に行ける距離だった事を実感しました。前日の5日には同じ香川の別の会場で行われていたハイドンフェスティバルに行ってきました。ウィーンからトリオが来ていて、ウィーン仕込みの演奏を堪能しました。その日の朝は堺の小学生達に癒されていたので、まさに音楽漬けの楽しい週末になりました。
[PR]
# by aubaden | 2005-11-07 01:40 | Trackback | Comments(0)