Appelez-moi Namiko! aubaden.exblog.jp

橋田波子のブログへようこそ!!


by aubaden
プロフィールを見る
画像一覧

ロープウェイが・・・

いや~~!びっくりしました。
雪による被害が全国的に広がっているようですので、充分に注意したいものですね。
森のホールでは、よくコンサートさせて頂いていますが、天候によるロープウェイの運休は初めての経験。お客様が来れないんじゃあ、コンサートをしてもしょうがないので、当然のごとく、ヘングレは中止(延期?)となりました。
でも神戸で打ち上げ会場を使って、飲み会は決行!!さすが関西人!!!楽しかったで~す。
で、今日からまた日夜譜読みの日々です~~
今年の年末年始は結構多忙なんです。頑張らねば!です。
[PR]
# by aubaden | 2005-12-19 01:34 | Trackback | Comments(0)

今日は・・・

以前から、このホームページ宛やお手紙やメールでメッセージやご質問をたくさん頂いていて、ずっとお答えしなければ、と思っていたので、この場を借りてお答えしたいと思いま~す♪
演奏をさせて頂く立場になりますと、応援してくださるお客様がいるというのは、何物にも代え難い励みになります。
励ましのお手紙を下さったり、演奏の機会を作って下さったり、演奏会場に足を運んで下さったりーーしかも沢山のご友人をお連れ下さったり・・・本当に有難い事です。励ましのお手紙は本当にたくさんの方々にいただきます。例えば夏のリサイタル後には、直木賞作家でベートーヴェンの研究家としても著名な阿部牧郎先生からも身に余る賛辞のお手紙を頂戴し、感激したものです。皆様、本当にありがとうございます。

今、コンサートスケジュールのところ、閉鎖しちゃっています。スイマセン・・・ちょっと模様替えしようとしているんですね。で、カテゴリーももう少し増やすかも知れません。HP管理して下さっているN君とも話し合いますが管理人さんも多忙なんで、年明けまでお待ち下さい。すみません。で、こうしたらどう?みたいな意見とかアドバイスがあれば教えて下さいネ♪
掲示板は?との質問も頂きますが、ゴメンナサイ今の所はちょっと考えていませんm(_ _)m ・・・でも、いつか、頑張ります!
レパートリーへのご意見もチラホラ・・・。英雄ポロネーズや幻想即興曲も弾きます!最近は弾いていませんでしたが、いずれまた必ず!!
ピアノコンチェルトはピアニストにとっては憧れですよね~~。私はまだ3回しか経験していないので、またチャレンジしたいです。やっぱしオケも含め大勢の出演者が必要な分(つまりコスト面ですね)機会や需要が少ないのも事実なんです・・・。ベートーヴェンの皇帝になるか、グリーグの協奏曲になるか、はたまた全然別の曲になるか分かりませんが、とにかくいい曲が多いですからね。また出来ればいいナ、と思っています!
関西に住んでいるので、京阪神を中心に演奏活動をしていますが、東京や、四国、中国地方や北陸あたりでも演奏させて頂く機会もあるのですが、やっぱり少ないですかね~。でも遠出をするのは実は大好きなんです!リフレッシュも出来ますし、お客さまはどこに行っても暖かいので、本当に嬉しくなります。どうか近くで演奏させて頂ける機会には、是非お出掛け下さい!!
アッという間に今年も12月。今月は伴奏がほとんどです。24、25のコンサートはフルートの伴奏です。バッハのソナタ、タクタケシビリのソナタなどなど全部で30数曲伴奏します。実は今回は、中学生の時から地元でお世話になり続けている大好きな先生ともご一緒できるので、とても楽しみにしているのです。両日とも演奏前後はきっとドタバタしているので、ご了承下さい~~m(_ _)m
さてさて、最近は音楽の分野でもべつの分野でも、新たなコミュニティが築けそうな予感がしていて、ワクワクしています。もちろん、言うまでもなく古くからのお付き合いも大切にしています!!とにかく人と接するのが楽しくて仕方がない今日この頃。昔からワイワイするの大好きでしたけどね。本当に感謝の気持ちは絶えないです。
[PR]
# by aubaden | 2005-12-01 01:37 | Trackback | Comments(0)

イベントの週

秋から年末にかけて、忙しい季節に入ります。芸術の秋はコンサートシーズン、12月に入ればクリスマス。当然、練習しなきゃいけない曲も増える訳で、50曲以上の曲を抱えている状態が常となっています。
そんな中、この週末もイベントが目白押しで、金曜日にはボジョレーヌーボーの解禁にちなんだイベントが、土曜日はお世話になっているサロンの1周年のイベントがあり、出掛けてきました。
ボジョレーの解禁があったのはロイヤルパレス阪神。すごい熱気でした~。いわゆるパーティー仕事なのですが、来られている方々の中に知り合いが多すぎる・・・。卒業後からずっと可愛がっていただいている場所なんです。それはそれは嬉しくて、演奏後は私もワインをたっぷりいただきながら、実りある話ができ喜びもひとしおでした。10年来保護者のように可愛がって下さっている方々も見えてましたし、同世代で頑張っている友人達も。みんな、変わらない気持ちでお互いの健闘をたたえ合いながら接してくれるのは本当に嬉しい事です。
数年前からおせわになっている創徳庵は音楽サロンで、ミュージックアートステーションとなってから1年を迎えます。考えたら個性的な場所だし凄いところだな~と思います。平気で有名な外来アーティストとか呼んでくるし。
で、今回のイベントではクラシックステージとして、ピアノソロと声楽伴奏をしました。リストやドビュッシーの名曲を弾きましたが、リストのような激しい曲を弾くのに照明の事考えるの忘れてたっ!なんだか薄明かりの中でミョーな曲芸弾きになってしまいましたぁ~。歌は大好きな声楽家のマリさんとの共演で、霧と話したとか初恋とかの有名どころを伴奏させて頂きました。
途中までしか参加できなかったのですがその後のパーティも盛り上がった様子。いろんなジャンルのいろんな人達が、このサロンに集ってきて、それぞれの交友を深めています。本当に1周年おめでとうございます!!これからもますますの発展をお祈りしています!!!
[PR]
# by aubaden | 2005-11-21 01:38 | Trackback | Comments(0)

香川県

6日、高松のサンポートという所で演奏しました。県営のとても立派な建物。広すぎて何度も中で迷子になってしまいました。案内して頂くのですが、どうも今日のイベントについて中のスタッフの皆さん把握していないらしい・・・。時間ないよ~~と思いながら汗だくになって走り廻ってしまいました。小泉首相の言う官から民への時代が来たのでしょうか??(なんちゃって!)さて、広い会場に特設ステージがいくつもあり、そのうちの一つが私の演奏場所でした。なかなか経験のないスタイルでしたが、大変楽しかったです。
ところで四国に対して、数年前まで遠い!という印象を持っていたのですが、最近は“橋”のおかげで随分近いですよね。3年前も、香川県内で『橋田波子・新春リサイタル』を計画して頂き、赴いた事がありましたが、その時は電車で行きました。今回は高速バスで行きましたが、コスト・時間ともに気軽に行ける距離だった事を実感しました。前日の5日には同じ香川の別の会場で行われていたハイドンフェスティバルに行ってきました。ウィーンからトリオが来ていて、ウィーン仕込みの演奏を堪能しました。その日の朝は堺の小学生達に癒されていたので、まさに音楽漬けの楽しい週末になりました。
[PR]
# by aubaden | 2005-11-07 01:40 | Trackback | Comments(0)

続・5月17日

なにが続って、「6月からはじまる趣味悠々・ピアノレッスンのテキスト作成のお手伝いさせて頂きま~す!」と言っていたのが、番組も成功のうちに終了し、早くも総合テレビで再放送が始まっています。私の周囲でもとても好評だったので、納得なのですが、DVDまで発売されていますから、かなりの反響だったようですね。
それと、子供用のボイストレーニング本も、このほど形になってきました。PHP新書から発売されたばかりの「歌のうまい子になる超簡単ボイストレーニング」がそれです。付属CDの編曲として私の名前も記載して頂いています。この本にはメカニック的な事も書いてあり、しかも子供が飽きないよう工夫もされていますから、音楽教育の現場で活躍することは間違いないと思いますが、小さいお子様に音楽を教える方には本当にお勧めできるものです。
こうして、曲を作らせていただく事は、私の演奏にもとても役立っておりまして、関係者の皆様には本当に感謝しています。つい先日は、児童用の合唱曲を数曲作りました。もちろん教育関係者から依頼があったものなのですが、出版用でも演奏用でも、それを演奏してくださる事を想像して曲作りをするのは本当に楽しいものです。
[PR]
# by aubaden | 2005-10-28 01:41 | Trackback | Comments(0)

ピアノ

2日間、大阪と広島で、ヤマハのピアノ・新モデルのお披露目コンサートに出演させて頂きました。S6というピアノで、見た目にも高級感のある素敵なピアノです。ピアノなんてどれも黒くて同じ形でしょ!?と思われる方は一度ショールームなどを覗きに行ってみて下さい。大きさ(長さですね)はもちろんですが、お尻のカーブの感じなんか少しずつ違いますし、黒光りの仕方もやや違うと、もう印象なんてかなり変わってきますよ。外車ファンの方が、初めての車と対面する時、どの角度から近づいて行くか、一瞬とまどう・・・というのを聞いた事がありますが、この日の私はまさにそんな感じ。
ピアノの寿命が100年だとしたら、私が演奏させて頂いた楽器は生後まもなくの赤ちゃんで、きっとこの子(ピアノですが)の人生において私が触った事は何らかの足跡として影響のある段階なんだろうな~、なんて思いながら演奏しました。
コンサートホールでフルコンを演奏した時に、その歴史を感じさせるピアノもあれば、まさに多くのピアニストの手によって現在大切に育てられてますってピアノもある・・・ちょうど後者のような印象でした。
このピアノ、大き目の家庭用ピアノといった大きさですが、実はフルコンの素材を使っているんですって。納得です。だって、本当に楽しく演奏させて頂けたんです。これはピアノの潜在能力のおかげだと思いました。
でも今回なんと言っても感激だったのはスタッフの皆様の素晴らしさ!幸せな2日間となりました。ヤマハの皆様、ありがとうございました!!
[PR]
# by aubaden | 2005-10-13 01:42 | Trackback | Comments(0)

紹介したい事

リサイタル後、あれよあれよという間に数週間経ってしまいました。結構コンサート活動に追われていまして、新しいレパートリーに取り組んだり、合わせモノの稽古などしたり多忙な毎日でした。有難い事です。
リサイタルが終わって間もなくの9/4、私は恩師のコンサートに行きました。この秋オープン予定の兵庫県立芸術センターのオープニングも兼ねたイベントでしたが、わたしにとってハイライトは何と言っても恩師・池田先生のコンサートでした。本当に素晴らしかったです。
・・・高校生の頃、私は先生に出会っていなければ音楽をとっくに諦めていた事でしょう。まだ進路を迷っていた私でしたがこの出会いによって、どうしても音楽を学びたい!と強く思うようになりました。まだ高校生ながら、その素晴らしい演奏やお人柄に並々ならぬものを感じていたのです。たとえ極める事が出来ても出来なくても、音楽を通して、先生のような素晴らしい人間になれるなら、少しでも近づけるなら・・・という思いでした。その思いは今も変わっていません。本当に尊敬してやまない恩師です。

さて、私が尊敬してやまない恩師には、斎藤雅広先生もいます。斎藤先生のピアノには独自の世界観があって、その表現は私などから見ると天才的なものなのですが、そんな先生の歴史を物語るブログ「マサヒロ美術館」に、私は最近深い感銘を受けました。四半世紀以上に及ぶ先生のコンサート活動が書かれていて大変素晴らしいので、是非ご紹介させて下さい。 面白さあり、勇気付けられる面あり。素晴らしい才能もやはり様々なご苦労やご努力に裏づけられたものであったことに、私はとても感銘を受けた次第です。
[PR]
# by aubaden | 2005-09-20 01:43 | Trackback | Comments(0)

リサイタル終了!

こういった大きな舞台のあとって、いろんな感情がいっぺんに押し寄せて来ます。「終わった~」という安堵感。「これで開放されるぞ~」という開放感。「ここはこうだった、ああだった」という反省感。・・・などなど。あ、満足感だけは味わう事はないですね。これは一生ないかもしれません。
今回は勇気を出してかなり大きなプログラムに挑戦しました。考えてみれば3年前にソロリサイタルをして以来、協奏曲やら室内楽をはじめ、いろんな経験をさせて頂いて、私自身考え方も大きく変わってきました。それは音楽に対する考えや演奏法に対する考えだったり、まあ生き方とか、いろいろなんですが。変わった、と一口に言っても勿論外見上わかる事ではないですし、後退ではないだろう・・・という程度で「これは前進だ」などという確信も勿論ないんですけどね。で、このあたりで本当に挑み甲斐のある事に挑戦してみたいという気持ちに本当にゆっくりと達していったんですよね。全責任を一人で負わなければならないソロリサイタルは、そういった意味で十分に挑み甲斐のあるものですし、プログラムも今の自分じゃこれ以上は大きいモノは考えられないゾという大曲にしてみました。のっけからフランクの前奏曲・コラールとフーガ。そして後半がバラード全曲。会場にはたくさんの方が応援に来てくださって、皆さんから嬉しいお言葉をたくさん頂戴しました。もう感謝感謝です。そして、こうやって大勢の皆さんを目の前に新しい事にチャレンジさせていただけるって、なんて幸せな事だろう!と思いました。大きなプログラムに挑戦する、という気負いはずいぶん前からあって、日が近くなればなるほど迫り来る魔物に飲み込まれそうになりながら・・・。今にして思えば、すこしネガティブだったかな~。やっぱり今回も反省が先立っちゃいますね。相当準備をしていただけに余計にそうですよね。準備していたことが100%発揮されることはないにしても、70~80%発揮してやっと、達成感を味わえるものだと思います。そういう意味で今回の反省点はもっぱら我が精神力にあります。なれるもんなら修行僧にでもなって0から修行し直したい!
でも、そんな事ばかりも言っていられなくて、前進あるのみなので、今日から又次の準備に移ります。
最後になりましたが、来てくださいましたお客様に心から感謝致します。そして力強く支えてくださいましたホール関係者・スタッフの皆様ありがとうございました。
[PR]
# by aubaden | 2005-08-29 01:54 | Trackback | Comments(0)
今年は梅雨明けが遅かったせいか、重~い暑さが続いております。夜なんか、寝られたもんじゃありませんよね、ほんと。
さてそんなうだるような暑さの中、昨日ファミリーコンサートの2回公演が終わりました。まあ当日ゲネプロもなしだし、その分体力温存できるだろう・・・とおもっていましたが、なんのなんの!テンションが全然ちがいますよね~。なんだかおかしくなりそうなテンションの中、歌曲・オペラ・室内楽・ポップスところころ変わるプログラムのテンションに合わせるのは、なかなか難しいことでした。言うまでもなくタッチ、音色、音量、全てにおいて変えなければなりません。しかも2回公演、という事で大変良い勉強になりました。
あと、さすがだな~と思ったのはゲスト司会の桂小米朝さんのトークです。難しいオペラを楽しく説明したり、何気ない所から話を広げていくテクニックには脱帽でした。
今回のようなファミリーコンサートは、クラシックを前面に出したものではないのですが、クラシックに馴染みのない方や子供達には楽しんでいただけたようで、これってとても大切な事だと思うんですよね。音楽を通じて何か社会に恩返しできたのでは・・・と思います。
さて、今日は午後から公開レッスンがあります。思いっきりクラシックです。頑張らなくては!!
[PR]
# by aubaden | 2005-07-25 01:55 | Trackback | Comments(0)

あつい・・・

蒸し暑い日が続いていますが、なかなか雨が降りません・・・。今年はカラ梅雨でしょうか??ということは、今年の夏も猛暑になりそうな予感がしますね。「例年以上の~」とか「観測史上最高の~」といった言葉を天気予報で聞くのも珍しくなくなってきました。
私は昔から、夏おんなだと自分では思っていて、夏になるとなぜか嬉しくなりますし、やる気が湧いてきます。ファッションも夏服の方が好きだし、寒さは苦手だけど暑いのは割りと平気です。で、ついついムリをしてしまうんですよね。夏に頑張ると、頑張っている!これが青春だ!とか思ってしまうワケです。
で、今年の夏はリサイタルが控えているわけですが、今がんばって準備をしています。今回はどの曲も難しいので苦労しまくっているのですが、なかでもショパンの作品は本当に素晴らしい作品なので、ドキドキもんです。ショパンはピアノの詩人と呼ばれるほどピアノを愛してピアノ作品に時間を費やしましたが、歌曲や室内楽もいくつかあるので、楽譜やCDを入手しました。いや~、感無量でした・・・私が言うのも変ですが。これらはほとんど演奏される機会がないんですね。でも、演奏されるべき作品達です。歌曲は19曲ありますが、彼の愛国精神がひしひしと伝わってくる哀愁に満ちながらも美しい曲ばかりですし、室内楽はトリオやチェロソナタがありますが、他の名曲に全く見劣りしない作品です。天才は何を作っても駄作にはならない、という事でしょうか。
ところで最近、友人で女医のアヤちゃんがクイズ番組に出まくってます。歯に衣着せぬ語りに映りますが、とても素敵な人なんですよ!そして頭のよさを見せつけてくれています。スゴスギです・・・にしても、いつの間にクイズ王になったんだろう??天はニブツを与えてしまった・・・という感じでしょうか。
ショパンといい、アヤちゃんといい、私はやはり天才にはかないません。
[PR]
# by aubaden | 2005-07-01 01:57 | Trackback | Comments(0)