Appelez-moi Namiko! aubaden.exblog.jp

橋田波子のブログへようこそ!!


by aubaden
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

この季節は、、、

今年もこの季節がやって来ました。
ほぼ例外なく、毎年書いていますが、花粉の季節です( ̄∀ ̄)
以前は、1月の終わりにはソワソワし始めて、病院に駆け込んでいましたが、ここ数年は3月から本格化している気がしています。
ツラさは変わらず、、、なんですが(^_^)

今年も調子は悪いです〜
おまけに寒がりで冷え性なので、いろんな弊害がありますTT

今はたくさんの曲を練習しているのですが、なんと数日前から左手の調子も悪いのです(泣)
思うに、、、
花粉症によりクシャミ連発→体に歪みが生じる→ギックリ腰ぎみになる→腰をかばいながら練習する→腕の関節にも歪みが生じる→寒さも相まって手の調子も悪くなる。
こんな悪循環ですかねぇ。
今一番の課題は、筋肉量を増やして代謝を上げる事です。

とまぁ、この季節に体調を崩す度に思う事です^^

今は...。


f0064017_00172206.jpg
炎症を抑えるために湿布薬を貼ったり、動かしたい時にテーピングをしたり、動かしたくない時にサポーターを巻いたりして、騙し騙し過ごしています♪

そして、これが一番難しい事なのですが、左手を使わずに練習しています。
これはかなり忍耐が必要なんです。
でも、この練習は決して無駄ではないみたいです。
いつも以上に音楽を感じる事も出来るし、右手の機能を上げるチャンスでもあるし、より多くのイメージを持つ訓練にもなっています。

今は出来るだけ左手の負担を減らして、あと数日で治す予定です^ ^

# by aubaden | 2019-03-10 00:06 | Trackback | Comments(1)

バレンタインコンサート

金曜日は西宮でバレンタインコンサートがありました。
が、会場にとても立派な雛人形が飾ってあったので、何故かその前で記念撮影。
f0064017_09512391.jpeg
ひな祭りコンサートのように見えますが、行ったのはバレンタインコンサートです^ ^
私の地元では、3月3日が終わったら全員を後ろ姿にしてしばらく飾っていました。
今思うと不思議な習わしです。私は舞鶴の出身なのですが、その不思議な伝統は、四国の何処かじゃないかと思うのですが・・・。

土曜日は音楽教室を退職される先生の送別会を行いました。
出産・育児に備えての退職なので、おめでたい事ですが、寂しさもあります。
f0064017_09560537.jpeg
何かと盛り上げて下さった先生だったので。
これからの人生も応援したいです!

# by aubaden | 2019-02-17 09:57 | Trackback | Comments(7)

サーシャコーチと

契約解除の一報に驚きました‼️
2人の朗らかな空気に好感を持っていたので、すっごく残念。。。

でもどの世界でもよくある事ですよね。
もしも、ちょっとした考えの違いがあるなら、どちらのせいでもないし仕方ないですよね。
ましてや大坂なおみ選手は伸び盛り。
いろんな事を試して試行錯誤しながら、よりレベルアップしたい筈です。
出来ればサーシャコーチには、この後是非、日本人の若手女子のコーチになってもらいたいなぁ。(笑)

最近も相変わらずいろんな演奏を聴いています。
itunesの発展にも助けられています。いつでも手軽に世界トップクラスの演奏を聴く事が出来るのは貴重です。
先日はピアニストのカティア・ブニアティシヴィリに行く予定だったのが急遽来日中止になり、とても残念でした。また次の機会を待ちたいと思います。
f0064017_19035898.jpeg

だいたい自分の傾向からして、30〜40代の充実した演奏に勇気をもらっている気がします。努力の痕跡を思わせる演奏に心掴まれます。また、その世代が平均的に演奏家としてのピークであるだろうし、色々な表現を試すポジティブな演奏が多いように思うのです。
持論ですが、10代で自分の持ち物探しをして、20代で自分の持ち物(テクニックも内面も外見も筋力も全てにおいて)を宝物に変えるべく磨き、30代で宝物を使う術を身につけ、40代は宝物が何とか維持できる時代。50〜60代になるとひとつずつ宝物を手放し始め、70〜80代では最後に残った宝物で勝負をする。
(この持論は想像によるものですが)
私は、その最後に残った宝物が豊かな感性でありたいと願います。

先日お伝えしたジョコビッチの本は読み終わりました。
脳の瞬発力とグルテンと関係についても言及しており、とても興味深い内容でした!
いろんな選択が重要ですね。

# by aubaden | 2019-02-12 14:53 | Trackback | Comments(0)

ここ最近。

つらつらと最近の事を書きます^ ^

先週末に行った反田恭平さんのピアノリサイタル。
一言で言うと圧巻の演奏でした。芸文の大ホールでピアノソロを聴いたのは、クリスチャン・ツィメルマン以来です。このホールはよく考えられた設計らしいけれども、本当に大きいです。ピアノソロだとよほどのスケールの持ち主でないと物足りなく感じるのでは、、と思いますが、さすがに申し分のない演奏でした。
それから、終演後のサインを求める長蛇の列に驚き。このクラシック界において、あんな列を成せるピアニストはほかにいないでしょう。

オールショパンプログラム、という事にちょっと驚いたのですが、とても楽しめました。内声や低音も非常によく響いていて、ちょっと筋肉質なショパンのように思えましたが、躍動感やスケール感も素晴らしいし、音楽性も構成力も文句なしの演奏でした。
まさに実力派の人気ピアニストですね。もちろん満席でした。
聴けて本当に良かったです。

友人のコンサートにも足を運びました。
頑張っている友人の演奏を聴けるのは喜びです。
ハートフルな演奏だとなおさら嬉しいし、目指す形が見えるだけでもかなり嬉しかったりします。

ほかに最近嬉しかったのは、やはり大坂なおみさんの優勝ですかね〜
すぐ影響受けてしまう私は、今はこんな本読んでいます^ ^
f0064017_01570354.png
これはかなり目から鱗です。
栄養学としての鱗ではなくて(それも凄いけど)、一流アスリートのストイックさに対する鱗です。
ジョコビッチ曰く、食物は体にどう機能すべきかを伝える情報だそうです。
例えば、夜に鶏肉を食べて「今日作った傷の修復を」と伝えるのだとか。唾液に含まれるエンザイムにどのように仕事をさせ、胃にどのような速度で消化をさせ、いかに血液の巡りを上げて試合の時間をピークに持ってくるか、という非常に計算された食事スタイル(食材や調理法、アレルギーなど)についても述べています。
淡々とした文章ですが、深い精神を感じる事も出来ます。
暇さえあれば、ちょこちょこ読みしています。

今月は2回もスッポン食べに行ってしまいました。
あっ、これは本とは無関係ですよ!
スッポンは一切出てこないです(笑)
f0064017_02074285.jpeg
f0064017_02075779.jpeg
鍋の中の甲羅と生き血。すごい食材です。本当に。

さてさて、この1カ月はマイペースに練習が出来て、それなりに充実した期間でした。
いよいよ忙しくなります。
今月末は久しぶりに浜風で歌声喫茶。
楽しく伴奏して来ました。今回のテーマは平成を代表する歌。
いっぱいありますね。。

ピアノは最近、打鍵を変えています。
変えたというか、アイテムを少し増やした感じですかね。
また詳しく書きたいと思います♪

# by aubaden | 2019-01-31 01:59 | Trackback | Comments(0)
f0064017_00091657.jpeg
年明け早々、人生で初めての大衆演劇に行ったり、人生で初めての熊を食べたりしています(笑)
f0064017_00101100.jpeg
f0064017_00102545.jpeg
熊は、三田までお出かけして頂きましたが、想像以上に上品なお味で驚きました。

今年はどんな年になりますかね〜
今年も頑張って参ります!
f0064017_00151986.jpeg

# by aubaden | 2019-01-15 00:15 | Trackback | Comments(0)

ピアフ

大竹しのぶさんが演じるピアフを観て来ました。
f0064017_11063281.jpeg
会場の森ノ宮ピロティホールです。
随分前に、ラプソディ・イン・ブルーを演奏した思い出のホールです。

オペラやミュージカルは比較的よく見るのですが、実は演劇を見る事がなかなかありません。
今回のピアフは、劇中音楽でもあるし、大竹しのぶさんの演技を是非見たかったので、チケットを取ったのですが、役者さん達の表情の詳細もみる事が出来ました!
オペラやミュージカルは、歌の専門家が演技をする、という形なので、その逆である今回の上演にとても興味がありました。

エディット・ピアフという人は今やすっかり有名になりましたね。
以前、映画で取り上げられた事もありますし、以来日本でもよく演劇で取り上げられるようになりました。
美輪明宏さんのピアフにも興味がありますが、こちらはまだ叶っていません。
ピアノ曲ではプーランク作曲の「エディット・ピアフを讃えて」という即興曲が有名です。プーランクとピアフは交流もあったようですが、二人は同じ年(1963年)に亡くなっているのですね。

大竹しのぶさんの演技は見事な体当たりで、特に晩年に歌われた「愛の讃歌」と「水に流して」は琴線に触れる素晴らしい物でした。
前後の演技からの流れが素晴らしい事もあって、演技としての歌唱に引き込まれました。
本当に感動しました〜
皆さんスタンディングオーベーションで 、カーテンコールも止みませんでした。
役者の皆さんが丁寧に応じて下さった事も素晴らしかったです。

さて、先日の土曜日は神戸のクリスマスツリーの点灯式で歌の伴奏をして、ハンドベルやオカリナの演奏も聴かせて頂きました。
今週日曜日はマリンバのコンサートで伴奏をする予定で、今年の演奏納めになります。
来年も、楽しみなコンサートがあるので、引き続き頑張ります!

# by aubaden | 2018-12-20 11:27 | Trackback | Comments(0)

至福の時

只今絶賛譜読み中なので、行きたいコンサートに行きまくっています(笑)
今日はこちら。
f0064017_15051105.png
f0064017_15031033.png
こちらのコンサートはどうしても行きたかったのです。
なぜなら、以前「題名のない音楽会」で伴奏を聴いてからずっと注目していたピアニストの居福健太郎さんが出演されていたので。
それで、行ってみると、第一音から圧倒される演奏でした。出演者のお2人がうますぎて笑いが込み上げる程でした。
メンデルスゾーンの室内楽は、私も含めトリオで経験してその難しさを知る方が多くいらっしゃると思うのですが、あんなに余裕の所で表現だけに没頭出来る物なんですね。内容の素晴らしさはちょっと言葉には出来ません。
チェリストの辻本玲さんも初めて聴かせて頂きまして、正直日本人の若手でこんなに素晴らしい演奏をする方がいらっしゃるんだと驚きました。
全てが素晴らしかったです。

そして土曜日はジャズピアニストの秋田慎二さんの演奏を聴きました。
f0064017_15055092.jpeg
梅田にあるミスターケリーです^ ^
初めて伺いましたがとても雰囲気のいい場所でした♪
実は高須クリニックのCMで実演されているのが秋田慎二さん。この短いパッセージを聴いて、この打鍵のクオリティとテクニックは尋常じゃない、、とこれまた注目していたら、ようやく聴けたので嬉しかったです。
それでジャンル違いながらアレンジなんかは懐かしさも感じるしオシャレだし、琴線に触れる見事な演奏でした。
アンコールは「もみの木」でした。なんと、秋田慎二さん自らご自身のアレンジをオルゴール用に手作りされた物、つまりパンチで1つづつ穴を開けるという信じられない作業を丸2日かけてされたそうです。それを聴衆の1人がグルグル回して、それを伴奏に秋田さんがアコーディナという楽器を演奏する、、、というアイデア企画。
f0064017_15061437.jpeg
f0064017_15060538.jpeg
凄かったです!
終わって少しお話しもさせて頂けて、その神対応ぶりにも脱帽でした!!

先週は恩師の齋藤雅広先生のサロンコンサートへ。もちろん芸術性に溢れたいつもの感じで、感激でした。
なかなか関西に来て下さらない先生ですが、次は・・・
f0064017_15363206.jpeg
来月ですね!
私が死にそうになりながらアレンジしたシャブリエ作曲のスペイン3台バージョンも演奏されるそうです!

さてさて、チェロ&ピアノの素敵な余韻に浸りながら、今から神戸の北区へ。
合わせです♪
今月はクリスマスイルミネーションの点灯式で声楽の伴奏をさせて頂くのと、マリンバのクリスマスコンサート伴奏があります。
ようやく寒くなって来て、クリスマスの気分になって来ました^ ^





# by aubaden | 2018-12-10 15:10 | Trackback | Comments(0)

感情のコントロール

最近、室内楽を聴く事が多い私です。
本当にいい演奏の中では、音と音の繋ぎ目までが実に丁寧であると感じます。
この丁寧さは、人物像の中だとシワや表情筋のプロデュースに似ていると思います。
優しそうな表情と笑っている表情が微妙に違うとしても、表現するもののイメージがあれば、迷う事なくそれを表現できるので、似て非なるものの違いを分かる、という事なんだと思います。
音楽的感情も、それに似ていると思います。
作り物の感情描写にならない為にはどうしたらいいのか。。
我々、クラシックの専門は、ただでさえ借り物の言葉を用いていますから(つまり他人が創作した楽曲を演奏するので)、自分の言葉のように伝えるのは難しいと感じます。
台本があっても役になり切る俳優さんのように表現出来るのが理想です。

ところで、最近ニュースでは交通事故の話題が多いです。
ある時、テレビのコメンテーターが、
怒りをコントロール出来ない人は車に乗らない方がいい、
とおっしゃっていましたが、全く同感です。
とは言え、誰かに服従する時代はとっくに終わり、一人一人が表現の自由を与えられている現代ですから、感情のコントロールはかなり難しい事なのかも知れません。

一番いいのは、自分の環境を自分で整える事だと思います。
負の感情が芽生えやすい場所に出向かない、穏やかに1日1日を過ごせたら、どれほど幸せだろうと思いますよね。
音楽的感情は、深い所で味わったり自己観察をしたり呼吸をするので、怒りの感情とは別の所にあると思います。
音楽の生活の中で普段接する人達、面白くも穏やかな方達ばかりなので、大変有難いし幸せだと思います。

ところで、私は4年半ほどパキスタンのある少女を支援していました。
それはプランというNGOを通して、毎月少しのお金を送って、手紙のやり取りをする物なのですが、今月突然、パキスタン政府の意向で日本の支援を受け取らない事にしたそうです。
その女の子は手紙を通じて音楽を知りたい、と言っていましたので(正確には文字を知らないその女の子の言った言葉を現地スタッフが代筆してくれました)音楽の概念がないのです。音楽どころではない国がたくさんあるのですね。
8歳から交流を始めた女の子は今13歳です。写真では10歳くらいにしか見えませんが、大人の良くない感情に人生が翻弄されない事を祈ります。



# by aubaden | 2018-12-08 16:27 | Trackback | Comments(0)
最近、感動したDVDがあります。
それがこちら。
ドキュメント映画です。
f0064017_01072119.jpeg
内容は、ピア二ストのシーモア・バーンスタイン氏の生活を描いたもので、レッスン風景や対談、そして35年ぶりのコンサートの様子が描かれています。

一言一言が大変深く、心から共感出来るものばかりです。
このように年を重ねたいと思っても、なかなか難しいように思います。
シーモアさんの言葉の中に、
「私は孤独を糧にしている」
というものがあります。
私も含め、孤独を嫌う現代人が多い中で、この言葉を言える所に、精神性を感じます。
本当におススメなので、機会があれば是非ご覧くださいませ!

今年も、、、
f0064017_01073512.jpeg
f0064017_01075326.jpeg
赤十字大会に参加させて頂きまして、学生さん達の合唱の伴奏をさせて頂きました。
ご臨席された高円宮妃殿下の凛とした中にも気さくなお姿に感動しました^ ^

最近の私は、譜読みに勤しんでいます!

# by aubaden | 2018-11-28 01:19 | Trackback | Comments(0)
今日はいずみホールで楽しみにしていたクワチュオール・ザイールのコンサートがありました♪
昨年行われた大阪国際室内楽コンクールの管楽器部門の覇者です。
クワチュオールはカルテットの事なので、ザイール四重奏団、ですね^ ^
f0064017_22315742.jpeg
昨年の優勝者コンサートのプログラムでは…
f0064017_22454828.jpg
ザイーハ、になっていました^ ^

演奏は素晴らしかったです。
サックス関係者の来客も多く、ホールは満席でした!
曲は昨年聴いたものもありました、ドビュッシーの弦楽四重奏曲、クラリネット四重奏曲をアレンジした作品もありました。
総じて言うと、やはりテクニックを駆使したものが良かったように思います。
とにかく1人1人がすごくテクニックを持っているので、とても聴きごたえがありました!
弦楽四重奏曲のような重厚な曲も良かったのですが、弦ならではの精神性があるので、難しいですよね、ハーモニーは美しいのですが、また違った持ち味になる感じですかね。
ところで、サックスの迫力というのは、体中からのビート感みたいな物から来ているように思います。他の管楽器にはない、ひとつの特徴だと思いました。

このコンサートは、現在ツアー中らしいので、東京や九州、中国地方の方はこれからなので、本当におススメです!
それから12/25の深夜(つまり12/26)には読売テレビで放映されるので、もう一度感動を味わいたい私は、もちろん録画してみます♪







# by aubaden | 2018-11-12 22:46 | Trackback | Comments(0)