Appelez-moi Namiko! aubaden.exblog.jp

橋田波子のブログへようこそ!!


by aubaden
プロフィールを見る
画像一覧

室内楽コンサート 4/11

とても実りのあるコンサートとなりました。さて、何から書きましょうか。やはり、合わせの事から書きたいと思います。今回はシューベルトのトリオでしたが、そのシューベルトの故郷ウィーンのヴァイオリニストとの共演でしたので、彼が何にこだわってシューベルトを演奏しているのか・・・に私は注目していました。チェロの方はルーマニア人ですがやはりドイツ語をしゃべる方で2人の感性はとても近いモノに思えました。彼らは英語の苦手な私に分かるような簡単な英語を使ってシューベルトの時代の楽器について説明してくれました。ペダルは5,6本あって右のダンパーペダル以外はソフトペダル、それも段階の違うものに分かれていた事、それから彼の記譜法に関してなどです。昨年のドビュッシー弦楽四重奏団に続き、ここでも要求されたのは徹底的なppとその音色の追求。もちろん、f も必要ですが。それからフランス音楽とウィーン古典音楽の違いでもありますが、ペダリングに対する研究は必要なようです。当時の楽器という歴史的背景を無視する事は出来ないからです。ただし音楽的な考えに対しては全面的に私の考えを支持してくれました。
さて、当日。日に日に息が合ってきていたので、舞台に上がる怖さは全くありませんでした。ただ災いしていたのは朝からの練習。本番のころにやや疲れていましたから、これは失敗でした。
シューベルトの曲はとてもシンプルなんだけど、音の飛躍や移調がとても多いので難曲が多いとされています。ノーミスという訳にはいかなかったけど、3人の一体感を感じながら、幸せをかみしめつつ演奏しました。
カーテンコールの最中に2人が興奮しながら「君は1番だよ!」と何度も言っていたので、打ち上げの席で詳しく聞くと、何度もシューベルトを演奏したけど、君とのセッションが一番最高だったよ、と言ってくれました。こんなに嬉しい言葉はありません。
今回の何よりの収穫は演奏もさる事ながら、世界の一線で活躍している彼らと音楽論を交わす事ができた事です。中でも印象深い言葉。・・・曲の背後に作曲家のパーソナリティを感じる事が出来る作品が本当に素晴らしい作品なんだよ・・・納得です。長い時間を共にする事が出来たので、たくさん意見交換を交わす事が出来、本当に有意義な経験となりました。
次の日の朝、何と空港から電話をくれて、お別れを言ってくれたのですが・・・いかんせん英語の苦手な私。電話は分からん!あわあわしているうちに電話を切ったので、この続きは辞書を引き引きE-mailか・・・。だから英語苦手なんだってば~~!!
[PR]
トラックバックURL : https://aubaden.exblog.jp/tb/684615
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by aubaden | 2005-04-13 02:01 | Trackback | Comments(0)