Appelez-moi Namiko! aubaden.exblog.jp

橋田波子のブログへようこそ!!


by aubaden
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<   2018年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

最近、感動したDVDがあります。
それがこちら。
ドキュメント映画です。
f0064017_01072119.jpeg
内容は、ピア二ストのシーモア・バーンスタイン氏の生活を描いたもので、レッスン風景や対談、そして35年ぶりのコンサートの様子が描かれています。

一言一言が大変深く、心から共感出来るものばかりです。
このように年を重ねたいと思っても、なかなか難しいように思います。
シーモアさんの言葉の中に、
「私は孤独を糧にしている」
というものがあります。
私も含め、孤独を嫌う現代人が多い中で、この言葉を言える所に、精神性を感じます。
本当におススメなので、機会があれば是非ご覧くださいませ!

今年も、、、
f0064017_01073512.jpeg
f0064017_01075326.jpeg
赤十字大会に参加させて頂きまして、学生さん達の合唱の伴奏をさせて頂きました。
ご臨席された高円宮妃殿下の凛とした中にも気さくなお姿に感動しました^ ^

最近の私は、譜読みに勤しんでいます!

[PR]
by aubaden | 2018-11-28 01:19 | Trackback | Comments(0)
今日はいずみホールで楽しみにしていたクワチュオール・ザイールのコンサートがありました♪
昨年行われた大阪国際室内楽コンクールの管楽器部門の覇者です。
クワチュオールはカルテットの事なので、ザイール四重奏団、ですね^ ^
f0064017_22315742.jpeg
昨年の優勝者コンサートのプログラムでは…
f0064017_22454828.jpg
ザイーハ、になっていました^ ^

演奏は素晴らしかったです。
サックス関係者の来客も多く、ホールは満席でした!
曲は昨年聴いたものもありました、ドビュッシーの弦楽四重奏曲、クラリネット四重奏曲をアレンジした作品もありました。
総じて言うと、やはりテクニックを駆使したものが良かったように思います。
とにかく1人1人がすごくテクニックを持っているので、とても聴きごたえがありました!
弦楽四重奏曲のような重厚な曲も良かったのですが、弦ならではの精神性があるので、難しいですよね、ハーモニーは美しいのですが、また違った持ち味になる感じですかね。
ところで、サックスの迫力というのは、体中からのビート感みたいな物から来ているように思います。他の管楽器にはない、ひとつの特徴だと思いました。

このコンサートは、現在ツアー中らしいので、東京や九州、中国地方の方はこれからなので、本当におススメです!
それから12/25の深夜(つまり12/24の深夜?)には読売テレビで放映されるので、もう一度感動を味わいたい私は、もちろん録画してみます♪







[PR]
by aubaden | 2018-11-12 22:46 | Trackback | Comments(0)

詩吟の世界

ちょっとしたご縁から、詩吟の会にお邪魔させて頂きました。
独特の発声で、元々俳句や和歌も大好きなので、興味津々だったのですが、本当に異次元の世界でした^ ^

私がお邪魔した会では、客席は審査員のように長机があって、お昼にはお弁当も出ました♪
f0064017_20583038.jpeg
師範の方たちが次から次へと披露されるのですが、高度なスライドを駆使した演出もありました。
f0064017_21005526.jpeg
百人一首で慣れ親しんだ歌人がたくさん出てきて大変分かりやすかったです。
詩吟、民謡、演歌もそうですが、日本特有の音程は予測可能な旋律で親しみが持てますね。発声の仕方は西洋音楽と共通点もあれば、全く違う点もあり、興味深かったです。

さて、あっという間に今年もあと2ヶ月ですが、先月末に音楽教室の発表会が何とか無事に終わり、皆さんの熱演に胸が熱くなりました!
先日金曜日には、芦屋の歌声喫茶で伴奏させて頂き、今月のテーマはシャンソンだったので、これまた異分野でしたが秋を満喫出来ました♪

さてさて、どんどん寒くなっていきますね。。。

[PR]
by aubaden | 2018-11-05 21:07 | Trackback | Comments(0)