人気ブログランキング |

Appelez-moi Namiko! aubaden.exblog.jp

橋田波子のブログへようこそ!!


by aubaden
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

<   2019年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

アドバイスレッスン

本日はヤマハさんで、アドバイスレッスンをさせて頂きました。
f0064017_22385845.jpeg
受講された皆さんの個性がとても豊かで、私自身もとても楽しくレッスンさせて頂きました。
この受講生の皆さんは、来月のサロンコンサートに出演されます。
どのように変化されるのか、とても楽しみです。
f0064017_22391377.jpeg
こちらのサロンで私は今月末にコンサートがあります。
f0064017_18220760.png
こちらも頑張ります^ ^






by aubaden | 2019-05-11 22:43 | Trackback | Comments(0)
それは、ベレゾフスキーの後に聴いた、若くて可愛いチェリスト、アナスタシア・コベキナさんです。
f0064017_23283321.jpeg
大好きなドヴォルザークのチェロ協奏曲を聴きたくてチケットを取ったのですが、若干24歳のロシアの新星です。
f0064017_23413983.jpeg
共演のオケもとても若くて初々しかったのですが、コベキナさんの表情豊かで才能溢れた演奏に目が釘付けになりました。
また来日される事があったらまた聴きたいと思います。

by aubaden | 2019-05-04 23:43 | Trackback | Comments(0)
今日の東京は快晴で、周辺は意外に人も少なく、快適だったので、銀座や青山をブラブラしました♪
f0064017_23280120.jpeg
それでも、ベレゾフスキーの時間にはしっかりホールへ。
今日のプログラムはオール・スクリャービンですが、このプログラム。
f0064017_23282183.jpeg
凄すぎます。
今日ホールCで、昨日に比べると小さなホールなので、音響として、身近に感じる事が出来ました。
それで余計にベレゾフスキー様の凄さを実感出来ました。
pp は本当にpp、ff はとてつもなくff です。
いや、もうどこを切り取っても素晴らしいので、呆気に取られてるうちに45分のコンサートは終わってしまいました。
45分は数分のように思えました。
アンコールはラフマニノフの楽興の時を2曲、スクリャービンのアルバムの綴り。
夢のような時間でした。

by aubaden | 2019-05-04 23:37 | Trackback | Comments(0)
東京に来ています。
もう4年目になりますが、今年もラフォルジュルネを聴きます。
f0064017_22494925.jpeg
まぁ、目的の大部分はベレゾフスキーです。
言わずと知れた1990年のチャイコフスキー国際コンクールの覇者です。
もう50代の中堅どころですね。。

これまで、私の中では、もう群を抜いて圧倒的なピアニストです。
今日はメインはショパン の協奏曲2番でしたが、
f0064017_22500369.jpeg
見てください。
このプログラムの超人っぷり、分かりますか?
ショパンのコンチェルトを弾く前に、エチュードをサラッと6曲弾かれたんです(笑)
どのくらいサラッとかと言うと、バイエルかブルグミュラーを弾くが如くサラッとです^ ^
その美しさと言ったら、もう素晴らしいの一言です!

続いてはコンチェルトです。
この2番ですが、私もかなり前に演奏した懐かしい曲です。
大阪シンフォニカーとの共演で、とても難曲だったと記憶しています。

で、ベレゾフスキー様ですが、難しいとか言うレベルじゃなく、そんな物は超越していて、まるで室内楽のように、オケの人達とのコミュニケーションに気を配り、過不足のない絶妙のバランスで、繊細かつダイナミック、一言で言うなら完璧でした。
実際、指揮者なしでピアノは垂直の角度を取った室内楽スタイルで、コンマスや第1チェリストの方とのアイコンタクトを常に取っておられました。
もちろん演奏内容も素晴らしくて、私、聴きながら感動のあまり何度も泣きそうになりました。

本当に申し分ないです。唯一注文をするとしたら、長生きしてほしいという事くらいですかね(笑)
いつまでも聴いて行きたいので^^
明日は、ベレゾフスキーさんのソロ演奏でスクリャービンを聴く予定です♪

by aubaden | 2019-05-03 23:05 | Trackback | Comments(0)