Appelez-moi Namiko! aubaden.exblog.jp

橋田波子のブログへようこそ!!


by aubaden
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

タグ:ベレゾフスキー ( 3 ) タグの人気記事

というのは勿論、ベレゾフスキーの事です!

今年はラフマニノフを聴く事ができて、私としてはご機嫌です♪

5/4はチェロソナタ。
f0064017_22055558.jpeg
この二人は1990年のチャイコフスキーコンクールの2位(クニャーゼフ)と1位なんです。その二人によるお家芸なのでうまくない筈がない!
しかも私、前から8列目で聴きました^ ^
うますぎる演奏というのは、呆然とする中であっという間に終わるものなんですね。
ベレゾフスキーのピアノは、音量的には制御されながらも圧倒的なテクニックと音楽で、チェロを完全に活かしながらヴィルトゥオーゾぶりも発揮するという、一見両立しない事を見事にやってのける物でした。

5/5はラフマニノフのコンチェルト4番。
f0064017_22062287.jpeg
こちらも、前から13列目の真ん中という最高の位置で聴けました♪
4番を聴く機会というのはなかなかないのですが、ベレゾフスキーとドミトリー・リスさんとウラルフィルの組み合わせは既に2008年にこの曲の録音をしています。
まあ、超人ですよね。。
全てが超一流です。
ひとつ残念な事としては、スタインウェイのフルコンは彼にとって小さすぎるという事です。おそらく楽器がベレゾフスキーの打鍵にとって不足していると思います。
もう第1音目からそうでした。

f0064017_22161465.jpeg
風貌は随分変わってしまったけれど、もう30年くらい世界の第一線にいる現存するトップクラスのピアニストです。
昨年初めて生で聴いてつくづく思ったのは圧倒的なピアニストというのは打鍵のクオリティだけで聴衆を圧倒出来るんだという事です。
たくさんの外来も含めた著名なピアニストの演奏を聴いてきましたが、この事を感じさせてくれたのは今のところベレゾフスキーただ一人です。

とにかく、今はまだ余韻に浸っています(笑)

[PR]
by aubaden | 2018-05-06 22:25 | Trackback | Comments(0)
昨日感動したウラル・フィルハーモニーとドミトリー・リスの指揮で、今日はベレゾフスキーのコンチェルトを聴く事が出来ました。

f0064017_22182698.jpg

f0064017_22184495.jpg


おとといのソロリサイタルでもその超人ぶりに驚いたのですが、今日もまた、それを確信できる素晴らしい演奏でした。
ピアノを弾く上ではあらゆる要素が必要ですが、ベレゾフスキーはそれらの全てが理想的だと思える最高のヴィルトゥオーゾだと思います。
今回のハチャトリアンでは民族性もあり、打楽器的な要素もあり、時には叙情性もあり、本当に余す事なく楽しむ事が出来ました。
ウラル・フィルハーモニーの引き出しの多さにも驚きましたが、オケがtuttiだとしてもベレゾフスキーの音の響きはとても豊かで、ニュアンスの詳細までがちゃんと聴こえてきました。
本当にすごい。やはり、一言で表すなら、超人という事なんでしょうね。。

使用されていたピアノはスタインウェイの勿論フルコンなのですが、ベレゾフスキーが弾くと、彼にはこのピアノは小さすぎるのではないか、と思えてきます。
実は、ここまでフルコンが底鳴りをしている状態にはめったにお目にかかれない気がします。
軽々とそのピアノの限界に到達しているように思えるのです。

彼のチャイコフスキーコンクール優勝時の特番のひとつで、自宅での練習風景があったのを記憶しています。それは粗末なアップライトピアノ(半円型?)で、それにもかかわらず豊かな音色で他を圧倒して優勝した事にとても驚いたのを思い出します。ペレストロイカという謎に包まれた異国のあまりに次元の離れた凄すぎるコンクール覇者、という感じでしたね。。
昔の記憶で、私も子供でしたけどね〜・・・。

今日のプログラムも大変興味深く、最後まで釘付けでした‼️

ベレゾフスキーは、ラフォルジュルネの後も、N響の公演や国際音楽祭NIPPON 、などに出演予定のようです。
私もまた機会を見つけて、また演奏を聴きに行けたらいいな。

しばらくは、ここ数日で味わった感動で頭の中が散らかっているので、ちょっと消化の時間が必要です(笑)
[PR]
by aubaden | 2017-05-06 22:40 | Trackback | Comments(0)
今日から東京に来ています♪
お目当ては、ラフォルジュルネです♪
そしてさっそく、本命のベレゾフスキーのリサイタルへ。
私は過去のブログでも書いてるように、ベレゾフスキーの大ファンなのですが、、、

こちら過去のブログ「ベレゾフスキーだ!

生で聴くのは本日が初。

そんな私の本日の出で立ちは、、、
f0064017_16414378.jpg

東京に居ながらにして関西人丸出しの柄×柄でございます(^ω^)
早朝に家を出たせいで既にお疲れモードデス。

ベレゾフスキーのリサイタルはこんな感じ。
f0064017_16423952.jpg

やはり、彼は超人でした‼️

何ですか、あの美しすぎる音色は。。
私なんて、音階すらあんな音色では弾けません。。。。。

ですが人間、2,30年ではキャラって変わらないんだな〜と実感。
(ビデオで)慣れ親しんだ記憶どおりのテクニックと音楽でした〜〜
それが聴けただけでも大満足。
毎日ビールをたらふく飲んでいるに違いないシルエットにはなっていたけど、顔は(慣れ親しんだ)面影が残っておりました〜〜

明日も盛りだくさん!!
ラフォルジュルネ楽しんでます^ ^
[PR]
by aubaden | 2017-05-04 16:47 | Trackback | Comments(0)